犬の目にゴミや毛が入ってしまった時はどうやって取ればいいの?

犬の目のケガ、病気

 みなさん、こんにちは!

 みなさんは、愛犬の目にゴミが入っているときは、どのようにしておられますか?

 私の知り合いの飼い主さんの中には、自分の舌で愛犬の目をペロッと舐めて取ってあげるという人がいました。

 しかし、いくら愛犬が可愛くても、人間と犬とは違う動物ですから、犬の細菌が人間に感染するような行動をあまりとらないことの方が無難ですよね。

 けれども、犬の目に入ってしまったゴミや毛は、どうすればいいのでしょうか?犬は目にゴミや毛が入っても痛かったり痒かったりすることはないのでしょうか?

 今回は、犬の目に入ってしまったゴミや毛を取り除く方法についてご案内します。

スポンサーリンク

犬の目にゴミや毛は入ってしまった時は目薬で洗い流してあげる

 犬の目にゴミや毛が入ってしまっているときに、最もいい対応策は犬用の目薬で洗い流してあげることです。

 犬用の目薬は、獣医さんの処方してもらうほか、ペットショップなどでも販売しています。

 ちなみに、人間用の目薬でも、人工涙液タイプのものであれば、使用しても差し支えありません。

 また、犬の目に目薬をさしてあげて、ゴミや毛は移動するものの排除しきれない場合は、目薬でゴミや毛を目尻に寄せたところで、コットンや綿棒などで取り除いてください。

 仮に、目薬で洗い流せない、移動しないということであれば、犬の目が、角膜上皮びらん、非潰瘍性角膜炎などを引き起こしている可能性もありますので、その場合は、獣医さんに相談してください。

 関連記事:犬の目に膜のようなものがあるようだけど大丈夫?

スポンサーリンク

犬の目に入っているゴミや毛をほっておいてもいいのか?

 愛犬の目の中にゴミや毛が入っているのに、犬は全く気にしている様子がないことがあります。

 これは、犬の目を横から見ると眼球の上にカバーがかけられているような構造になっていて、人間と違って目にゴミが入っても、直接眼球にゴミが付いた状態にはならないので、犬は痛み、かゆみを感じないためです。

 このため、犬の目にゴミや毛が入ったとしても、まだたきをしていると、自然とゴミは目尻や端の方に移動していって、目ヤニと一緒にとれるケースが多いようです。

 しかし一方で、犬の目にゴミや毛が入ったことが原因で、特に長時間ゴミや毛が目に入っていると、眼球を守っているカバーを傷つけてしまって、結膜炎や角膜潰瘍などの症状を引き起こしてしまうケースもあります。

 このため、もし愛犬の目にゴミや毛が入ってしまった場合などは、目薬で洗い流してあげることが必要になってきます。

スポンサーリンク

犬の目をゴミや毛から守ってあげよう

 犬の目にゴミや毛が入ってしまっていて、それがナカナカ取れていない場合は、前述のとおり結膜炎や角膜潰瘍などを引き起こす可能性もあるため、獣医さんに取ってもらうようにしましょう。

 また、特に長毛種は、どうしても目に毛が入りやすいので、普段から定期的に目の周りの毛をカットしてあげるようにしましょう。

 さらに、犬用の目薬も常備する必要があります。

 関連記事:犬が まばたき をするのは目の病気のサインかも?

 そして、間違っても、犬の目にゴミや毛を入ってしまったので、ピンセット、ペーパータオル、ティシュペーパーなどで取り除くのはやめてあげましょう。

 

 

 

 

運営者プロフィール
ゆう

 ワンちゃんが好きで、ブログを立ち上げました。
 犬のことで、私の知っている知識・ノウハウをみなさんに分かりやすく伝えたいと思っています。
 よろしくお願いします。

ゆうをフォローする

犬の目のケガ、病気
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
ワンちゃんと夕焼けの中で散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました