スポンサーリンク

犬が吠える理由ガイド /外の子どもの声、チャイムに吠えるのをなくす方法

犬が吠えるのを防止

みなさん、こんにちは!愛犬は元気にしてますか?

ところで、愛犬は無駄吠えしていませんか?

私もちょっと前に悩んでいたのが、愛犬が家の外で遊んでいる子どもの声に反応して「ワン!ワン!」と吠えだしてしまうことでした。

不思議ですよね。外に散歩に連れていった時は、子どもの遊ぶ声なんかには全然反応しないのに家にいて外で子どもの声がすると吠えだすなんて・・・

また、そんな時に宅配便のお兄さんが「ピンポン」とチャイムを鳴らしてくるともう大変。

思わず「分かった。静かにしてくれ~。えぃ、黙らんかい!」と言いながら、落ち着かせるためにおやつをあげて、なだめていたりしたものでした。

けれども、このような外の子どもの遊ぶ声や来客のチャイムに反応して犬が無駄吠えしてしまうって、根本的な犬のしつけ方を変えることによって解消できるってご存知でしたか?

犬はその種の性質上、自身の危険を感じると吠えてしまいます。けれども、犬が吠えるのは当然にして理由があるからです。そして、その理由を突き止めて犬の無駄吠えを解消することができますので、今回は犬の吠える理由とその方法についてご案内していきます。

スポンサーリンク

犬が吠える理由は、自分の縄張りを守るため

愛犬が無駄吠えをする場合、その理由を考えて対策をしていく必要があります。

仮に、冒頭の例示のように愛犬が外の音に反応する場合は、その理由はもっと根本的なところにあることが多いです。うちもそうでした。

犬は自分の縄張りを守るために、そして外敵から身を守るために吠えます。つまり家の外で遊んでいる子どもの声に反応するのは、その子どもが自分の縄張りに侵入してくることを恐れているからなんです。

ちなみに、犬は元々は狭いアナグラなどで生活していた動物なので、狭い場所が大好きで落ち着きます。

しかし、愛犬も普段の人間との生活の中で家全体をウロウロしていると、その家全体が自分の縄張りだと勘違いしてしまって落ち着きをなくし、その広い縄張りを守るために外部の音に反応してしまっているのです。

スポンサーリンク

犬が吠える理由である縄張り範囲を狭めて無駄吠えをなくす

愛犬が前述のとおり飼い主さんの家全体を縄張りだと勘違いしているのであれば、まず、皆さんの愛犬に自分のハウスだけが縄張りであるということを認識させることで、家の外から聞こえてくる子どもの声などに対する無駄吠えはとても減ります。

けれども、愛犬をハウスに入れた始めの頃は、出せ出せとうるさくてナカナカ居ついてくれないということもあります。うちの愛犬も典型的なそのパターンでした。

そして、その典型的なパターンこそが、まさに愛犬が自分の縄張りを勘違いしていて家全体と自分の縄張りだと思っていて、その縄張り周辺から聞こえる子どもの声が愛犬にとって敵の声に聞こえるということでもあるのです。

そんなときは、まず愛犬をハウスに入れておやつなどのご褒美を与え、ハウスの居心地がいいことを少しずつ学習させていきましょう。

先ほどもご案内したとおり、犬は元々は狭い場所が好きなので、今日は30分、明日は40分というように少しずつハウスで過ごす時間を長くしていくことによって、ハウスが自分の縄張りであることを学習していくことによって、外の子どもの声への反応も少しずつ無くなっていくのです。

関連記事:犬が吠えるときの対処法は「お座り」「伏せ」「待て」を学習させてしつけること!

スポンサーリンク

犬が吠える理由が、間違ったことを学習してきた場合

しかし、上記でご案内したように自分の縄張りをハウスに定めても、まだ外の子どもの声・チャイムの音に反応する場合もあります。

その場合に、愛犬が勘違いしていることで多いパターンが、今までに

① 外で子どもの遊ぶ声がする

② その子どもの声に反応して犬が吠える

③ 飼い主が犬にオヤツなどを与えてなだめる

という、この①→②→③の流れで生活してきたというケースです。

この場合、愛犬は大きく勘違いをしていることが考えられます。

この場合に愛犬は、

① 敵が来た【外で子どもの声がしている】

② 正義の味方となって戦うぞ【その子どもの声に反応して犬が吠える】

③ 敵はいなくなった【頑張ったからオヤツがもらえる】

というように学習してしまっているのです。

外の子どもの声に反応して吠えてしまう理由はこのようになっています。

このような場合は、当然子どもの声に反応して吠えたからといってオヤツを与えることは禁止です。

そして、吠えだしたら静かにしなさいとお座りをさせ、落ち着かせて、吠えるのを止めたらご褒美のオヤツを与えるようにしましょう。

さらに、子どもの遊び声に吠えなくなったら大げさなぐらいに褒めてあげてなでてあげましょう。

そうすることによって、愛犬は外で子どもの遊び声がしても、吠えてはいけないのだと学習するようになり、無駄吠えがなくなっていきます。

関連記事:犬が吠える意味を考えて無駄吠えをなくそう!

スポンサーリンク

最後に

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

愛犬は可愛いですが、無駄吠えって「やめてくれ~」ってときがありますよね。

特に、疲れているときなんか「ワン!ワン!」やられると、「やめろ~」と叫びたくなってしまいます。

一方で、今回ご案内した方法で犬の無駄吠えには確実に効果があると思いますので一度試してみてください。

運営者プロフィール
ゆう

 ワンちゃんが好きで、ブログを立ち上げました。
 犬のことで、私の知っている知識・ノウハウをみなさんに分かりやすく伝えたいと思っています。
 よろしくお願いします。

ゆうをフォローする

犬が吠えるのを防止
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
ワンちゃんと夕焼けの中で散歩

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました