スポンサーリンク

犬の歯の生え変わりガイド /様子を見るのは何か月ぐらいまでか?

犬の歯を大切にする

みなさん、こんにちは!愛犬は元気にしていますか?
ところで、愛犬が子犬の方はもう歯は生え変わっていますか?
よくネットなどを見ていると、「乳歯が1歳になっても抜けなければ獣医さんに診てもらうほうがいい」なんて書いてますよね。
だから私もそうなんだと思って余り気にしないでほってました。

そしたら、知らぬ間に乳歯の裏から永久歯が生えてきて、それでもそのうち抜けるのかなと思っていたら、全然抜けなくて・・・・・。

結局、うちの愛犬の乳歯は、永久歯に押し出されるような形で抜けてくれたのですが、永久歯の生えてきた場所が明らかに奥側となってしまい、成犬となっていまでは、歯垢・歯石の集合場所のようになってしまっています。

個体差はありますが、犬の歯が生え変わるのは、4か月から10か月ぐらいまでだそうです。
このため、1歳で乳歯が抜けきってきないと、永久歯が正しい場所に生えてこないケースが多くなってしまいます。

だから歯磨きがかかせなくなってしまうんですね。
そして、歯周病は、ひどくなってくると、細菌が全身にまん延して、心臓病などのリスクが高まってしまいます。
本当に犬も人間と同じで、歯は大事なんです。
今回は、「犬の歯の生え変わりガイド /様子を見るのは何か月ぐらいまでかについてご案内していきます。

スポンサーリンク

犬の歯の生え変わりはいつごろからか?

ところで、みなさんの愛犬はどれくらいの時期から歯の生え変わりが始まりましたか?

早い犬で4か月ぐらいから生え変わりが始まります。
犬の乳歯は28本あります。そして、犬種や成長のスピードによって個体差はありますが、だいたい2か月ぐらいで乳歯はすべて生え揃います。

そして、4~6か月ぐらいの時期に次第に永久歯へと生え変わっていき、7か月から1歳くらいのころに永久歯が生え揃います。ちなみに、永久歯の数は42本です。

歯の生え変わりの順番は、前歯から始まり、次にキバのような犬歯、さらに口の両側の側面にある臼歯、最後に奥歯という順番です。

ここで一つ注意しておきたいのが、乳歯が生え揃い始めた頃から愛犬の歯の歯磨きを習慣のしておいた方がいいです。

子犬の頃から習慣にしておかないと、というか子犬でも犬は歯磨きを嫌がります。成犬になって、さあ始めるわよって飼い主さんが気合を入れてもナカナカ上手くいきません。

関連記事:犬の歯がグラグラだけど、ほっておいていいの?

スポンサーリンク

犬の歯が生え変わる頃の歯ぐきからの出血とみられる兆候

愛犬の歯の生え変わりの時期になると、愛犬もむづ痒いのか、口を動かしたり、オモチャやテーブルの角を噛んだり、歯や歯茎をテーブルの角にこすりつけたりする子がいます。うちもそうでした。
また、聞くところによると、乳歯の歯磨きをして上げると、歯ぐきから血が出るケースもあるようです。

この血が大量なのであれば、他の原因も考えられるので獣医さんに診てもらった方がいいですが、歯ブラシなどに血がついているという程度であれば、歯の生え変わりの頃によくみられることです。

スポンサーリンク

犬の歯の生え変わり時期の抜けない乳歯は永久歯の歯並びに影響

先ほどもご案内したとおり、犬の歯の生え変わりには順番がありますが、なかにはしぶとい乳歯もあり、いつまでも抜けないケースがあります。
いつまでも抜けない乳歯があると、当然に永久歯に生え変わるのに妨げになります。
このため、飼い主さんが愛犬の口の中を見ただけでは、永久歯が生えかかっているのかどうかの判断が出来ないので、獣医さんに相談される方がいいです。

人間と同じで、レントゲンなどをとると次の歯がどれくらいで生えてくるのかが分かり、必要に応じて抜歯などの処置をしてもらい、正しい場所に永久歯が生えてくるようにして、美しい歯並びにしてあげてください。

スポンサーリンク

犬の歯の生え変わりの時期に乳歯と永久歯が二重に生えてきたら

もし、犬の歯の生え変わり時期に乳歯が抜けず、後ろから永久歯が生えてきたら、すぐに獣医さんに相談されることをお勧めします。
前述のとおり、乳歯と永久歯が二重に生えてきてしまうと、永久歯が本来生えるべきところに生えず、歯並びが悪くなってしまいます。

こうなると、前述のとおり、成犬になって歯垢・歯石がどうしても溜まりやすくなってしまって、口臭の原因となり、歯肉炎・歯周病へとつながっていきます。

関連記事:犬の歯が茶色くなってきたけど歯石?虫歯?

スポンサーリンク

最後に

最後に繰り返しになりますが、うちの愛犬の場合は完全に失敗してしまいましたが、皆さんは、愛犬の乳歯の生え変わりには十分に注意してあげてください。

個体差があるので、明確に何か月で乳歯が抜けないと獣医さんに診てもらってくださいとは言い切れませんが、その子の歯の生え変わり状況などから判断して、少しこの歯が抜けるのが遅いのではないという思うようなことがあれば、早い目に獣医さんい診てもらってください。

歯は一生ものです。人間の場合は、歯並び矯正治療もできるでしょうが、犬の場合はそんな訳にはいきません(犬の歯の矯正治療をしている病院があるのかもしれませんが・・・)

そしてそして、子犬の頃からの歯磨きの習慣は絶対に必要です。できれば乳歯が生え揃ってきた頃から、遅くとも永久歯が生えてくる頃には習慣にしていくことが必要です。


運営者プロフィール
ゆう

 ワンちゃんが好きで、ブログを立ち上げました。
 犬のことで、私の知っている知識・ノウハウをみなさんに分かりやすく伝えたいと思っています。
 よろしくお願いします。

ゆうをフォローする

犬の歯を大切にする
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
ワンちゃんと夕焼けの中で散歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました